>都市環境エンジニアリングについて>都市環境エンジニアリングの事業と実績

都市環境エンジニアリングの事業と実績

廃棄物処理のあゆみ。それは、都市環境エンジニアリングの軌跡。

都市環境エンジニアリングは事業活動に伴って排出されるごみを処理する会社です。法令に従い環境に配慮しながら、ごみを収集・運搬・処理・リサイクルすることに加え、施設内の廃棄物保管室の管理や、お客様に最適な処理方法を提案するコンサルティング業務まで行っています。
法改正や社会のニーズに合わせたサービスを提供するために、廃棄物処理分野で一歩先を走りつづけています。

沿革 環境に関する法律の流れ
京浜島第一工場リニューアル(雑がみ新設) 2013
京浜島第二工場増設京浜島第二工場増設 2012 建材資材リサイクル法
小型家電リサイクル法
2011 再生エネルギー特措法
2010 生物多様性保全活動推進法
低炭素投資促進法案
BDF製造許可取得 2009 バイオマス活用推進基本法
本社を江東区木場5丁目に移転本社を江東区木場5丁目に移転 2008 生物多様性基本法
2007 海洋基本法
2006
バイオエナジー株式会社に出資
バイオエナジー株式会社
2005
2004 環境配慮促進法
2003 環境教育推進法
京浜島工場稼働京浜島工場稼働 2002 自動車リサイクル法
2001 PCB特措法
フロン回収・破壊法
2000 循環型社会形成推進基本法
食品リサイクル法
建設リサイクル法
グリーン購入法
車両基地を羽田工場から江東区新砂3丁目に移転 1999 ダイオキシン特措法
1998 地球温暖化対策推進法
廃棄物保管基準の策定
家電リサイクル法
1997 環境影響評価法
新エネルギー法
1996
羽田工場稼働 1995 容器包装リサイクル法
1994
東京イースト21を基地にルート収集開始 1993 バーゼル条約
環境基本法
1月28日 創業 1992 種の保存法
1991 再生資源利用促進法

実績

あらゆる建物の廃棄物に対応します。

京浜島工場稼働